umech*

Cities:Skylines DLC「Mass Transit」紹介とレビュー[交通インフラの追加]

Cities:Skylines DLC「Mass Transit」紹介とレビュー[交通インフラの追加]

Steamストア (Cities:Skylines)

有料DLC「Mass Transit(マス・トランジット)」

2017年5月18日にDLC「Mass Transit」がリリースされました。交通インフラに関する要素が複数追加される今回のDLC。その内容についての紹介とレビューをしていきます。

スポンサーリンク

有料DLC – Mass Transitの内容紹介[運送手段の追加・交通オプションの追加]

DLCを導入するとおもに以下のような交通要素がゲーム内に追加されます。

 おもに追加される7つの追加要素
  • フェリー(水上交通)
    1. 従来の外部接続のルートと干渉しない、自由なルートでフェリー航路を作成できます。ルート作成はバスの方法と同じ。港とフェリー倉庫が必要。橋下の高さに余裕があれば橋のしたも通せます。

      道路と同じ様に航路を作り、バスと同じ方法でルートを作成します
      道路と同じ様に航路を作り、バスと同じ方法でルートを作成します
  • モノレール(陸上交通・高架駅・高架線路)
    1. 路面電車・トラム感覚で、道路一体型路線の運用も可能です。後述の乗換駅(ハブ)も作ることができます。

      モノレール専用の駅・線路だけでなく、道路一体型の高架駅・線路も作れます
      モノレールだけの駅・線路だけでなく、道路一体型の高架駅・線路も作れます
  • ケーブルカー(斜面・険しい地形での交通手段)
    1. ケーブルカー(ロープウェイ)は高低差のある険しい地形で交通手段を提供できます。もちろん平地でも運用できます。ちょっとした足場があればかなり険しい山頂にもルートを作ることができます。

      通勤に観光に
      通勤に観光にロマンに
  • 飛行船(航空輸送)
    1. 道路のように航路をつくり、バスのようにルートを作成します。
  • 乗換駅・ハブ駅の追加と駅のホーム数増加(鉄道・地下鉄・バス・フェリー)
    1. 複数のホームをもつ鉄道駅(地下鉄駅つき)を作れます。バスターミナルがついたフェリー乗り場が作れます。バス・鉄道・地下鉄の乗換ができるモノレール駅のハブ駅が作れます。

      MODなしで複合駅をつくれます
      MODなしで複合駅をつくれます
  • 交差点の一時停止の管理・信号の優先管理のオプション
    1. どちらの通りの道路を優先させるか、一時停止・信号の優先順を管理できます。他にも通りの名前・通りの範囲を設定できます。小規模交差点では一時停止の標識・大きな通りでは信号の優先順を設定できます。複雑に聞こえますが、基本はチェックのON・OFFだけで設定できるシンプル設計です。

      一時停止・優先順・通りの名前・通りの範囲を管理できます
      一時停止・優先順・通りの名前・通りの範囲を管理できます
  • その他
    1. その他、シナリオ・ランドマーク・オプションなどが追加されます。

様々な乗り物が追加されることによって、街の景観の幅をひろげることができます。いろいろな地形に対応した交通手段が追加されることによって、いままでとは違った角度で交通量の管理ができるようになり、ゲーム性をひろげてくれます。

レビューと感想

ロープウェイはロマン
ロープウェイはロマン

フェリーや飛行船を自由なルートで運用できるのはうれしい要素です。空と海の乗り物の行き先が計算しやすくなり、より狙い通りのスクリーンショットを撮ることができるメリットもあります。

モノレールの高架駅は、より都市らしい景観をつくるのに役立ち、ケーブルカー(ロープウェイ)は観光色を強めるのに役立ちそうです。

ハブ駅・複合駅・高架駅はMODでも実現できますが、今回のDLCでバニラの安定した環境下でも、それら要素が導入できる選択肢を得たことになります。

残念なポイントとしては、交差点の一時停止・信号優先の管理が分かりにくい部分があげられます。

それ以外に不満点は思い浮かびませんが、あえてケチをつけるなら値段です。定価1467円(2017/5/19現在)という値段は、気軽に購入するには少々の戸惑いを感じてしまうかも知れません。DLCの追加内容自体はゲーム性と街づくりの幅を広げてくれる良いDLCと感じました。

スポンサーリンク
Return Top