Battle Brothers プレイ日記(1回目だめパターン&2回目12日まで)

Battle Brothers

Battle Brothers(Steamストア)

紹介

タイトルメニュー画面

タイトルメニュー画面

Battle Brothers(バトルブラザーズ)2017/3/24製品版バージョン発売。開発は独立系開発会社の「Overhype Studios」ジャンルはシミュレーションRPG・ストラテジー。システムはフリーシナリオのターン制バトル。日本語は現在未対応。

世界観は人間・バンディット・ゾンビ・魔物などが登場するダークファンタジーで、剣・盾・槍・弓などを武器に戦乱の世を生き抜く中世ヨーロッパの雰囲気をもったシミュレーションゲームです。部隊の編成や育成や補給などをマネジメントしながらこの世界を生き抜くことが目的です。

スタート時の世界マップはランダム生成で、自分が居る周辺しか索敵できないので移動や戦闘がスリリングです。硬派な雰囲気・歯ごたえのある戦闘・高い自由度が魅力の作品です。

チュートリアルミッションで学ぶBattle Brothersの基礎(ユーザー作成のガイドページ)

Mount&Blade(自由度の高さ)やゼルドナーシルト(傭兵生活)あたりにワクワクするストラテジー好きな方におすすめです。

【プレイ1回目】だめパターン 「きびしい洗礼をうけるの巻き」

テキトーにプレイするとどうなるか試して見ましょう

テキトーにプレイするとどうなるか試して見ましょう

モードはキャンペーン。難易度ベテラン+アイアンマン(やり直し不可のモード。中段セーブは可能)でスタート。バージョンはv1.0.0.4

だめパターンを反面教師にプレイのコツを探っていきましょう。

【P1】あまい序盤準備

反省:慣れないうちは序盤準備を手厚く

反省:慣れないうちは序盤を手厚く

【1日目】最初のクエストを受けず。部隊を6人に増員して武器だけ人数分支給。

操作がまだおぼつかず、いろいろいじっているうちに誤ってクエストを削除。準備すべきポイントや数量の按配がわからないので、ひかえめに6人部隊を編成。盾持ち前衛3・長槍2・弓1

【2~13日目】ぶらぶら散歩。何度か戦闘にまきこまれて一度も勝利できず。

突撃戦術の裸前衛はもろく、初戦から総崩れ。そのうち資金が尽きて治療代は捻出できず、薬品や修理キットも買えずに食糧補給で手一杯。建て直しをはかることができずに怪我を負いながら食べては逃げ、食べては逃げの繰り返し。

【P1】失意のなか、犬にかまれて昇天

【14~31日目】世界観に慣れ始めクエストをやりはじめる。しかし立て直しはできず。

ようやくお金の稼ぎ方が見えてきた頃、どうやら詰んでいるっぽいことを悟る。怪我を治したい→稼ぐ→敵に遭遇→怪我を負う、の繰り返しで建て直しのためには非常に手間が掛かりそう。

【32日目】犬にかまれて昇天。

ワイルドわんこ

ワイルドわんこ

逃げ続ける限りこの先生きのこる事は出来そうだが、このままでは立て直せそうにないので、そのうち隊長は逃げるのをやめた。犬にかまれてゲームオーバー。

【P1】反省点「序盤だいじに」

慣れないうちは最初に10~12人部隊にして装備も整え、クエストをこなしてスタートダッシュをかける事が大切であるようです。序盤で転ぶと立ち直りが難しいです。

【プレイ2回目】プレイスタート

反省点をふまえて再スタート

反省点をふまえて再スタート

モードはキャンペーン。難易度ベテラン+アイアンマンでスタート。バージョンはv1.0.0.4

シード値 UMECH2

シード値 UMECH2

今回生成されたマップはこのような感じ。

1日目

盾持ち前衛7・両手武器1・長槍2・ボウ1

盾持ち前衛7・両手武器1・長槍2・ボウ1

11人部隊を編成。内訳は盾持ち前衛7・両手武器1・長槍2・ボウ1。前衛には盾と胴防具を支給して、薬品と修理材も用意。

2日目 初陣

初陣:11vs5

初陣:11vs5

序盤クエストで初陣。戦力比は11vs5人で主人公側が優勢。戦法は盾前衛で敵を抑えて包囲、足を止めて後衛の槍で突くというオーソドックスなものです。

2人の犠牲者

2人の犠牲者

装備を整えて挑んだ初陣でしたが、隊員2人が犠牲に。クエスト報酬400と戦利品(主に盾)で装備を充実させながら隊員を1人補充。部隊はこの時点で10人。今後も部隊員10人前後を基本にしてプレイ。

3日目 山賊戦に警備隊が加勢

運よく警備隊が加勢

運よく警備隊が加勢

戦力がはかれない事から山賊を回避していたところ、警備隊が駆けつけ戦闘に突入。

戦力比24:5

戦力比24:5

警備隊のワンコを鉄砲玉に五倍の戦力で平押し、順当に勝利。犠牲はナシ。街道・櫓の周辺は国の警備隊の援護が期待できるので、困ったらどんどん頼ることにします。

5日目 ゾンビとのたたかい

たおしても復活するゾンビとのたたかい

たおしても復活するゾンビとのたたかい

ゾンビを駆除するクエスト。戦力比は11:6。ゾンビは復活するので数以上の手間がかかりました。上手くハマって犠牲は負傷のみで勝利。

「キャラバンなんてなかった、いいね?」

「キャラバンなんてなかった、いいね?」

街へ帰還途中に山賊11に襲撃されるキャラバンに遭遇。部隊が消耗していたので加勢せずに回避。ゾンビとりがミイラになることを避けます。

8日目 キャラバン護衛

キャラバン防衛戦

キャラバン防衛戦

クエストをこなしながらお金稼ぎ。その活動の一環でキャラバン護衛も勤めました。戦力比は19:7。うち味方の9人は商隊とロバで戦力としては期待できません。実質10:7の戦いとなりました。

味方部隊のレベルは平均2で、装備面では盾と胴防具に加えて頭防具も前衛に行き渡りはじめていました。敵キャラのグラフィックから見ると強力な武器防具は見当たらず、数は拮抗しながら装備面で優位性をもち勝利。犠牲は負傷のみ。

11日目 質は数を凌駕する?

楽勝におもわれたが

楽勝におもわれたが

ひきつづきお金を稼ぎ、新陳代謝しながら着々と部隊は力をつけていきます。あるクエストで山賊の住処を叩いたとき、戦力比12:4の戦闘が発生しました。味方部隊が相手の四倍の数なので、楽勝のように思われながらも苦戦。堅く粘られ犠牲者2名脱落でクエスト完了。

犠牲者2

犠牲者2

もしこの戦闘が敵味方12名ずつなら犠牲者6の計算になり、そうなれば味方部隊は壊滅です。この強さは何だったのかというと相手方の装備が味方に比べて高品位なものであることがキャラグラフィックから見ることが出来ます。あとは純粋に相手レベルが高かったのかもしれません。

部隊を強化するには数を揃えるだけでなく、個人の質を高めることも大事であるようです。

12日目 ほんのちょっと余裕が出てきた

今回生き延びた11人(初期メンバー3生存)

今回生き延びた11人(初期メンバー3生存)

クエストをこなして稼ぐことで少しだけ余裕が出てきました。一回目の駄目パターンと比べて戦闘に勝てるという点が大きなポイントで、やはり序盤の戦力準備とスタートダッシュがゲームを進める上で重要な要素であるようです。

今回生き延びた11人のうち初期メンバー3人は全員生存していてレベルは3。せっかくなのでこの初期メンバーの生存も目指したいところです。

(つづく)

梅永とうふ店

■umech*:admin
こんにちは、梅永とうふ店です。地図だけでご飯3杯いけちゃうマップ星人です。umech*ではメジャーどころ3割インディーズ系7割の分量で、濃いめのゲームの魅力についてお伝えしています。古典ぱん