STEEP プレイ後感想

RPG系

STEEP 公式ページ(PS4/XBOX one)
STEEP(steam)

紹介

雪山エクストリームスポーツ×オープンワールド。「STEEP」2016/12/22発売。開発はubisoft annecy。視点はTPSとGoPro視点。オンライン専用。

スキー・スノーボード・ウィングスーツ・パラグライダー・徒歩の手段でアルプスとアラスカの雪山オープンワールドを楽しむことができます。プレイのためにUBIサーバーにログインする必要がありますが、プレイ自体はソロでもパーティープレイでも遊べます。

スピードや芸術点を競う本格的なコースや

エクストリームなコース設定、落下衝撃を競うようなブッ飛んだ設定のコースまで様々な種類用意されています。

ここが楽しい!

雪山まるごと自由にライド

コース以外にも自由な道筋を滑ったり飛んだり歩いたり出来ます。レースに参加しなくてもレベルが上がり、新しいコース(レベル依存)も着せ替えギアもアンロックできます。


ワイルドで危険なエクストリームルートを行くことも出来るし、ゆったり滑ったり飛んだりも出来ます。一期一会のマッチングが楽しく、偶然出会ったプレイヤーとコミニュケーションをとるとほっこりできます。

苦手なコースはパスできる

ウィングスーツのコースはかなり難易度が高いです。ですが苦手コースをクリアできなくてもレベルを上げられるし、新しいコース(レベル依存)も着せ替えギアもアンロックできます。

リプレイ・ロードが早い

最初のロードとアルプスとアラスカマップの切り替えロード以外は、ロードなしで快適です。失敗時のリプレイもロードなしで快適です。

きせかえ要素

キャラ8人×ギア分の着せ替え要素

キャラ8人×ギア分の着せ替え要素

楽しさ無限大とまではいきませんが、結構なギア数があるので色々試すと楽しいです。キャラ(男女合計8人)ごとに服装を保持しておけます。

攻略豆ヒント

レベルカンストへの道

マークが豪華になっても特にメリットは無い

マークが豪華になっても特にメリットは無い

各種ポイント・レベル上げ経験値の稼ぎどころメモ。単純作業ながら時間さえあれば誰でも基本レベルカンストが可能です。全ての要素の経験値を貯めると右上のマークが豪華になります。

【フリースタイラー】「クリフドロップ スペースジャンプ」コースでポイント2000以上のジャンプ。場所:アルプス・アオスタ(マッターホルン)4663N 5315E がオススメ。

【ボーンコレクター】短くて簡単なコースを転びながらゴール。パラグライダーで壁に激突。

【エクスプローラー】ドロップゾーンとインタレストポイントを発見する。レベルを上げるとヘリ費用が無料になるのでそれを利用する。

【プロライダー】コースでメダル獲得。自己記録を更新する。意図的に余力を残してゴールし、段階的に更新して稼ぐ方法も。

【エクストリームライダー】ハイスピードを長距離維持。アラスカのデナリ頂上付近 2530N 2077Eあたりのポイントが障害物が少なくてオススメ。

【フリーライダー】稜線を長く滑る。アルプスのモンブラン頂上からがお手軽。

パラグライダー

手を放した状態が一番スピードが乗る。

感想・評価

【評価】:コンセプト最高、アップデートに期待。

決められたコース以外を自由に飛んだり滑ったり、雪山全てを遊ぶことが出来るコンセプトはとてもワクワクします。フリーライド、一期一会の気軽なマッチングは楽しいし、マップのコースで良い成績をおさめたり、ビューポイントを解放していく過程はとても楽しめます。

ただひと通りマップを巡っていくと、それまでの楽しさの反動で色々な欲望がわいてきます。「もっと長く滑降したいからマップ裾野を広げてほしい」「コース外ライドが楽しいので飽き防止にランダムな変化がほしい」「歩けるのは素晴らしい、徒歩に光を!」「登山したい」「違う乗り物もほしい」「動物が現れて欲しい」「もっと街での滑りがほしい」「マッチング人数増やしてほしい」などなど。楽しいからこその期待。

コンセプトとゲーム自体はとても楽しいですが、プレイを重ねてマップの新鮮さが損なわれるとどうしても飽きてしまいます。いくつかの要素は今後のアップデート予定にもあるようなので、今後のアップデートに期待したいです。

まとめると「マップに飽きるまではとても楽しい」ゲームという印象です。ここにひと工夫加えてボリューム感がでることを強く期待します。

スティープ – PS4

梅永とうふ店

■umech*:admin
こんにちは、梅永とうふ店です。地図だけでご飯3杯いけちゃうマップ星人です。umech*ではメジャーどころ3割インディーズ系7割の分量で、濃いめのゲームの魅力についてお伝えしています。古典ぱん