Minecraft 建築プレイ日記01 StekloWorks【マルチのすすめ】

Minecraft

StekloWorks(ステクロワークス) | Japan minecraft server

Minecraft(マインクラフト)は拡張性無限のサンドボックス型ゲームです。アップデート・拡張MODは無料。MODで考え付く限りのことをなんでも実現可能。初心者からマニアまで幅広く楽しめます。一度ソフトを購入すれば、その後は無限の可能性を無料で楽しむことが出来る、コストパフォーマンス最高のゲームです。

今回はそのMinecraftのマルチサーバー(オンラインプレイ)のご紹介です。

※ マインクラフトの操作に、ある程度なれた方を対象とした記事です

Minecraftマルチプレイ[参加方法とマルチのすすめ]

マルチプレイの設定方法

(画像内の記入例はStekloWorksの場合です)

タイトル画面でマルチプレイを選択

タイトル画面でマルチプレイを選択

「サーバーを追加」を選択

「サーバーを追加」を選択

サーバーアドレスを記入。リソースパックを有効に

サーバーアドレスを記入。リソースパックを有効に

リストに登録されます

リストに登録されます

Minecraftマルチプレイを楽しむ方法は簡単。お好みのサーバーアドレスを入力するだけで登録完了。この方法は他の全てのマルチサーバーで共通したやり方です。

サーバー名は分かりやすい好みの名前に、サーバーリソースパックの項目は基本「有効」に切り替えてプレイしましょう。登録することによるデメリットは全く無いので、少しでも気になる・楽しそうなサーバーをどんどん登録してみましょう。

[aside type=”normal”] 【サーバーアドレス】
サーバーアドレスは変更される場合があるので、リストに登録したサーバーの公式ページをブラウザのお気に入りに登録しておくことをオススメします。 [/aside]

マルチプレイのメリット[マルチのすすめ]

マルチプレイ

マルチプレイ

「シングルプレイ」や「シングル+MOD」とも異なる楽しみ方、第3のプレイスタイルが「マルチプレイ」です。

環境やルールはサーバーによって様々で、その内容はサバイバル・生活・建築・PVP(バトル)・ハチャメチャなネタ系などバラエティ豊か。質もサーバーによって異なるので、たくさんのサーバーから、自分にあったサーバーを見つける「よい店探し」の楽しみもあります。

これはシングルプレイにも共通することですが、マインクラフトのプレイで得たスキル(FPS操作・空間把握・ブロック造形・色彩・ドット絵・回路の理解・プログラム・コミュ能力などなど)は他のゲームや現実世界でも活かせるので、得たスキルは非常につぶしが効きます。マルチプレイも同様です。(サーバー運営側は、運営・運用・開発・管理・イベント技術などが学べます)

マルチプレイに求められるマナー

ひろいハート

ひろいハート

マルチプレイで、ユーザーに求められるマナーとしては【サーバーに迷惑をかけないプレイ】に気をつければ大丈夫です。具体的にいいますと「普通のプレイ」です。ふつうにルールの範囲内で遊んでいきます。詳細は各サーバーのルールを確認するようにしましょう。

マルチサーバーの多くはアマチュアが趣味で提供しています。本来は義務の無いところに、あえて管理・維持費用(リアルなお金とリアルな時間)をかけてスペースを維持・提供している格好ですので、「迷惑をかけない」というポイントにユーザーが気をつけるのは人情から言っても筋だと思います。多少管理に穴があっても許容する広いハートが大切です。

逆にユーザーが定住する義務も無いので、気に入らなければ参加サーバーを変えてみましょう。(その際、他のゲームに他人を誘う・他のサーバに他人を誘う行為・風説の流布は「迷惑行為に該当」します。)

マルチサーバー「StekloWorks」の特長[味のいい隠れ家店]

「よい店探し」をするにも時間が掛かります。そこでおすすめのマルチサーバーをひとつ、ご紹介したいと思います。

StekloWorks」は経済システム(お金の概念)を取り入れた生活系のサーバーです。環境は開発途上ですが、現時点でも具体的に以下のような特長をもっています。

9つの魅力
  • ナイスな「建物」
  • 美味しい「地形」
  • ほどよい「密度」
  • スマートな「自動手続き」
  • 便利な「メニュー」
  • つかえる「鉄道」
  • あそべる「ミニゲーム」[釣り・アスレチック・竜狩り他]
  • たのしい「乗り物」[バイク・車・カート・ヘリ・航空機・船舶]
  • 標準で「日本語入力」

【魅力1】 ナイスな「建物」

港町をイメージした建築ワールドのスポーン

港町をイメージした建築ワールドのスポーン

マンションに仮拠点を設けることも可能

マンションに仮拠点を設けることも可能

丁寧に造形された公式の建物が立ち並んでいます。この1点だけに注目し、見学するだけでも価値があります。

自由建築スペースの区割りも魅力的

自由建築スペースの区割りも魅力的

公式の建物がおおきな豆腐というところも少なくない中で、これはおおきな魅力になっています。丁寧に造形された建物に囲まれているという環境は、技術上達の近道にもなります。そういう意味で建築(ブロック造形)に興味のある初級・中級者がリストに登録しておくべきサーバーのひとつであると言えます。

【魅力2】 美味しい「地形」

美しい地形

美しい地形

リアル系からファンタジーまで幅広く対応する、しなやかな地形

リアル系からファンタジーまで幅広く対応する、しなやかな地形

建築ワールドがオール美味しい地形です。他と比べれば一目瞭然、ひたすらしなやかです。とくに山が綺麗なので背景がびしっと決まります。建築(ブロック造形)が好きな方に強くおすすめできるポイントです。地形を活かした建築派(ブロック造形)の方はシングルでつくるよりもこちらで作るほうが、断然手間がかかりません。

【魅力3】 ほどよい「密度」

密度

密度

強く宣伝を行っていないサーバーですので「混まない」メリットがあります。かといって人がいないわけでもない、ほどよい人数感です。さらにコンテンツが強力なので、玄人受けする「味のいい隠れ家店」という言葉がしっくりきます。

マインクラフトサーバーは、人数が込み合うと「ゲームバランス崩壊・重くなる・揉める・運営の負担が増す」などといった弊害が強く出る傾向があります。ですので「人数が多い=楽しいサーバー」とは言い切れない部分があります。実際のところ、ユーザー・管理者双方がバランスよく楽しむことが出来るのは中規模サーバーであるようです。そういう意味であまりひとにオススメしたくない、けど味が良いのでオススメせずにはいられない「いじらしいお店」です。

【魅力4】 スマートな「自動手続き」

アパートマンションで簡単拠点づくり

アパートマンションで簡単拠点づくり

公式の居住スペースに自動処理で申請・住むことができます(内装カスタマイズが可能・解約も自動処理)ユーザー・運営双方にとって面倒が無いスマートなシステムです。

一等地は値段が高く、マンションアパートは無料でスペース使用権利が得られます。もちろん、お金をためれば郊外で自由な開発も楽しめます。土地に関するあれこれは若干複雑なところもあるので、公式ページでご確認ください。

【魅力5】 つかえる「鉄道」

乗り鉄・撮り鉄にも対応!?

乗り鉄・撮り鉄にも対応!?

駅・線路も丁寧に作られているので、景観と鉄道のしくみに説得力があります。

【魅力6】 便利な「メニュー」

シンプルで機能的なカスタムメニュー。困ったときはとりあえずメニューをひらけば何とかなります。

ユーザーがコマンドを覚える負担が最小限に抑えられる、ユーザーファーストなしくみです。

【魅力7】 あそべる「ミニゲーム」 [釣り・アスレチック・竜狩り他]

アイテムコンプを目指せ!

アイテムコンプを目指せ!

便利アイテムやオリジナル装飾品が入手できるミニゲームも用意されています。あたま大好き。

【魅力8】 たのしい「乗り物」 [バイク・車・カート・ヘリ・航空機・船舶]

Boooooon

Boooooon

乗るとちょっと楽しい乗り物も用意されています。細かい仕様はゲーム内の説明書を購入することで確認できます。乗った後はインベントリの中にしまうことが出来ます。

【魅力9】 標準で「日本語入力」

Minecraft v1.9系↑のサーバーなのでデフォルトの状態でチャットや看板に日本語が入力できます(半角/全角で切り替え)v1.8系等のようにintelliinputなどのMOD導入は必要ありません。完全バニラ(デフォルト)状態でサーバーに参加することが出来ます。

つづく

次回からは、StekloWorksの要素紹介やプレイ手引きなどをまじえつつ、マルチプレイ(建築プレイ)の様子をつづっていきます。

(つづく)

梅永とうふ店

■umech*:admin
こんにちは、梅永とうふ店です。地図だけでご飯3杯いけちゃうマップ星人です。umech*ではメジャーどころ3割インディーズ系7割の分量で、濃いめのゲームの魅力についてお伝えしています。古典ぱん