umech*

#04 Starbound(スターバウンド)プレイ日記4 強敵ビッグエイプ~攻城戦とボーンドラゴン

#04 Starbound(スターバウンド)プレイ日記4 強敵ビッグエイプ~攻城戦とボーンドラゴン

Steamストア (Starbound)

Starbound(スターバウンド)プレイ日記の四回目。

今回もゲームの紹介を交えつつ、メインクエストを追ってみました。バージョンは1.1

スポンサーリンク

Apexのアーティファクト

※ 星系座標・惑星の環境はプレイ環境によって変わる可能性があるため、座標は参考程度にご覧ください。

氷の惑星

前回、三つのアーティファクトを手に入れて保護パックのアップグレードにも成功しました。

保護パックのアップグレードによってどんな環境の惑星でも活動ができるようになっています。

四つ目のアーティファクトをもとめて、Apex(エイペックス)の遺物の手がかり発見が期待できる氷の惑星へ。

向かった星系は(星系座標 ? x154919140:y566022293 / 星系名【Maia Muster】プレアデス星団、おうし座20番星 )

寒冷の惑星の地表にエイペックスのキャンプがあり、手がかりを得ました。この星系ではゲージの半分の手がかりしか集められなかったので他の星系へ移動します。

つづいて移動したのは(星系座標 ? x154919140:y566022272 / 星系名【Baten Kaitos Order】くじら座ζ(ゼータ)星、バテン・カイトス )1番惑星。

エイペックスのキャンプと研究施設で手がかりを得てゲージは一杯に。

四つ目のアーティファクトがあるミニノグ要塞へ。

四つ目のアーティファクト・難敵「Big Ape」攻略

ここでもやはりトラップゾーンが待ち構えていました。途中の大きなゲージのある部屋では、雑魚敵を倒すごとにゲージがたまって行き、全て倒すと奥のドアが開く仕組みです。

最奥にいるボス「Big Ape」ビッグエイプは強敵でした。何度もやられてしまいましたが、敗北のなかに相手の特徴を学習することができました。その特徴をメモ書きしてみたいと思います。

まず難易度サバイバルの場合、ボスと戦う前にお金を使い果たしておくと、やられたときの精神的ショックが少なくなります。

ビッグエイプが何をしてくるか背景の縦長のモニターに映し出されるので、攻撃パターンこそ読みやすいのですが、わかっていても避けにくいです。ですので装備の防御力が重要になってきます。どうしても勝てないときには強力な装備を整えてから再戦する事も考えます。

ビッグエイプの特徴は、中央のサルに攻撃を当てるのではなく、まわりでグルグル回転している浮遊物に攻撃を当てなくてはダメージを与えられません。

ビッグエイプの攻撃は激しいです。しっかり間合いをはからないと近接攻撃を当てることは難しいです。ですので遠距離攻撃を中心に攻めを考えてみましょう。

防御面ではテックの回避ダッシュ・二段ジャンプ・三段ジャンプなどがあると回避が少し楽になります。片手に盾ともう一方のスロットに回復薬を用意しておくと粘り腰が利きます。

準備が整ったらビッグエイプの攻撃をくわしく見て行きましょう。ビッグエイプが仕掛けてくる攻撃は5パターンあります。

1★ 怒った顔がモニターに映し出されると「スライド接近」してきます。浮遊物を回転させながらプレイヤーに接近して、すみっこまで移動した後に逆の方向にスライド移動します。

このモードの時、プレイヤーは後退しながら遠距離攻撃を仕掛けると攻撃を当てやすいです。

隅っこまで追い詰められた場合には、回避ダッシュや盾をつかってすれ違い、プレイヤーが受けるダメージを最小限にします。

ごくまれに隅っこが安全地帯になることもあり、そのときには攻撃を当て放題。ボーナスタイムです。

2★ 目玉がモニターに映し出されると「真下に目からナイフ」攻撃をしてきます。真下にさえいなければ攻撃を受けることは無いのでヌルい攻撃です。

このヌルい時間を利用してラッシュ攻撃を仕掛けるか、あるいは体力回復に専念するかは、プレイヤーの体力ゲージを見ながら判断します。

3★ バナナを握った手がモニターに映し出されると「ロケットパンチ」を撃ってきます。

多数のパンチが十字で飛んでくるので、見えていても避けにくい攻撃です。回避に自信が無いときには[盾/回復薬]に持ち替えて防御に専念すると良いでしょう。

4★ ランチャーを構えるサルがモニターに映し出されると「ロケットミサイル」が飛んできます。

ミサイルはゆるい誘導性があります。見た目以上に避けにくい攻撃です。

回避する場合はミサイルが飛んでくる方向に突進し、下をくぐるイメージで駆け抜けると、ミサイルをかわしやすいです。

5★ サルの半身がモニターに映し出されると「大量の弾丸」を撃ってきます。非常に避けにくい弾幕攻撃です。

[盾/回復薬]で粘りながら、ビッグエイプの攻撃が止まるまで防御に専念しておきましょう。

Glitchのアーティファクト

火山惑星

五つ目のアーティファクトの手がかりはGlitch(グリッチ)にあり。

グリッチは炎星系・火山惑星を好むようです。例によって移動します。

向かった星系は(星系座標 ? x154919138:y566022264 / 星系名【Alkalurops Muster】うしかい座μ(ミュー)星、アルカルロプス )の3番惑星。

危険度も「Inconceivable」と上から二番目に高いです。鉱石はソラリウムの埋蔵が期待できます。ソラリウムがあれば設備や装備を更によいものにアップデートできます。余裕があれば収集しておくことにしましょう。

火山惑星でグリッチの住む家を発見。手がかりも得られました。

火山の火の粉が降りそそぎ、木造の家が燃えても平然と暮らしている生活風景には驚かされます。

この星系だけではゲージは一杯にならないので、星系を移動することにしました。

移動した星系は(星系座標 ? x154919113:y566022222 / 星系名【Telladar Stream】)の5番惑星。

グリッチの城を発見してクエストクリア。

五つ目のアーティファクトがあるバロンの砦へ向かいます。

五つ目のアーティファクト・攻城戦とボーンドラゴン

この砦ではいままでのようなトラップなどは一切無く、ボス戦だけのステージなります。

構成は攻城戦とボス戦の二本立て。やられると最初の攻城戦からのスタートになるので、けっこうな緊張感があります。

攻城戦は「攻城兵器」やタコで「飛翔している兵士」を倒しながら防衛を続けていくとボス戦につづきます。

前哨基地にいる味方も駆けつけてくれるので、ちょっと熱い展開で楽しめます。

後半のボス戦「ボーンドラゴン」との戦いでは支援は無く、一人で戦うことになります。

ステージが広いので先の「ビッグエイプ戦」よりも回避がやさしいです。体力に気をつけながら落ち着いて攻撃を加えていけば攻略できます。

このとき使用した武器は毒タイプのライフルで散弾+グレネードランチャーが撃てるものでした。近接武器は虹色の両手ソードです。

数の多い地上の兵士は、DoT(継続ダメージ)効果のある毒グレネードの毒のけむりで体力を削りながら、ドラゴンも相手にしていきました。

これが最適の武器であるというわけではありませんが、参考までに掲載しておきます。

すべてのアーティファクトを獲得

六つ目のアーティファクト

最後のアーティファクトは思わぬところにありました。

今回最初に選択したプレイヤー種族、Human(ヒューマン)のアーティファクトの手がかりはエスター(おばあさん)にあり。

六つ全てのアーティファクトが揃い、アークへの扉がひらかれました。

毒々しい「The Ruin」へ

「The Ruin」へ渡ってみると、不気味な光景が広がっていました。

ノーマルの惑星の樹木に該当するものが、ここではタコの足です。マグマほどの恐ろしさは無いものの、毒の池が存在していて危険な環境です。

幸いブロック加工可能なステージなので建材さえ用意しておけば安全に進むことができそうです。

ただし「The Ruin」はミッション扱いなので、この地を一旦出て入り直した場合には最初からスタートになります。クリアするためには一気に最後までプレイしなくてはなりません。

サポートAIのS.A.I.Lによれば、この地は惑星というより、まるごと1つの「生物」であるようです。

タコが好物な方にとってはうれしい惑星かもしれませんが、さすがに規模が大きすぎて不気味ですね。

(つづく)

おまけ

今日の座標

(星系座標 ? x154919109:y566022245 / 星系名【Menkib Grasp】ペルセウス座ξ(クスィー)星、メンキブ)火山星系。1星でエイビアンの集落。4-a星でエイペックスの集落。4-b星でUSCM。4-c星でエイペックスの研究施設。

今日の瞬間

↓↓↓↓

スポンサーリンク
Return Top