umech*

#02 Starbound(スターバウンド)プレイ日記2 ここをキャンプ地とする~奈落に落ちるとどうなるか

#02 Starbound(スターバウンド)プレイ日記2 ここをキャンプ地とする~奈落に落ちるとどうなるか

Steamストア (Starbound)

Starbound(スターバウンド)プレイ日記の二回目。

今回はゲームの紹介を交えつつ、メインクエストを追ってみました。バージョンは1.0.4

スポンサーリンク

Floranの遺物をさがせ

※ 星系座標・惑星の環境はプレイ環境によって変わる可能性があるため、座標は参考程度にご覧ください。

装備あつめ

前回、チュートリアルをこなして宇宙船が復旧されました。

宇宙船で旅をするには燃料が必要ですが、同一星系であれば不要です。いきなり遠出をするのは不安なので、同一星系の惑星を旅することにしました。

(星系座標 – x154919048:y566022299 / 惑星名【Gamma Koric Majoris 2】 )

この惑星は森林が豊富でメインクエストの鍵となるFloran種族(フローラン)の集落の存在が期待できます。

降下してみるとモヤの多い環境で、山頂から地上を眺めると常に雲海が広がり、地上の森の中は常に霧がかかっています。

降下ポイントすぐの地点に簡素な拠点を設営。トマト・まめ・コーンなどを栽培して自給自足が可能な態勢をとります。

通常、栽培には毎日の水やりが必要。しかし雨の多い気候ではその手間が省けます。この惑星も雨が多いので楽ができました。(長雨で作物が腐ることはありません)

期待されたFloran種族(フローラン)の集落は見当たらず、ただ帰るのも味気ないので地中にもぐって装備集め。

マニピュレーターのアップグレードも進み、いくつかの装備をゲット。

見た目だけが変わる装備を身につければ、強さと見た目の両立可能なのがうれしいポイント。

武器も色々入手して試しましたが、2ハンドソードが操作性シンプルでクセが無く使いやすく感じました。

サイドクエスト

持ちきれない荷物を売却するために前哨基地へ。

そのついでに地下にいる傭兵ペンギンのサイドクエストを消化。ドレッドウィングを攻略して傭兵ペンギンを雇うことができるようになりました。

ドレッドウィングの攻撃を全て回避するプレイヤースキルが無いので、大量の回復薬&包帯を用意して、遠距離攻撃を使いながら攻撃していきました。

(星系座標 – x154919048:y566022299 / 惑星名【Gamma Koric Majoris 5】 )

荷物整理を行い、続いて砂漠の惑星へ。

この惑星には「U.S.C.M」の施設があり、盗賊たちが占拠していました。

「U.S.C.M」の施設はハイテクな建材がつかわれていて、ハイテクなブロックが欲しいときには重宝します。

同一星系ではFloran種族(フローラン)の手がかりは得られそうにないので、違う星系に旅立つことにしました。

クエスト達成

(星系座標 – x154919046:y566022287 / 星系名【Alnilam Expanse】オリオン座イプシロン星系 )

スタート星系から程近いこの星系もGentle Star(森・砂漠が存在しやすい)に分類されFloran種族(フローラン)の遺物が期待できます。

サルミュータントの研究施設が存在していて、こちらからもハイテクブロックが得られます。

更にお目当てのFloran種族(フローラン)の遺跡が存在。多くの遺物を調査(ショートカット[N]キー)してクエストを進めていきます。

遺跡内の遺物だけではクエスト達成までいかないかったので別の惑星へ。

同一星系(星系座標 – x154919046:y566022287 / 星系名【Alnilam Expanse】オリオン座イプシロン星系 )の5番惑星。

ここではFloran種族(フローラン)の集落が存在。集落内の塔にある遺物を調査して、ようやくクエスト達成。

アーティファクトの手がかりを前哨基地のエスター(おばあさん)に報告。アーティファクトは狩猟儀式の洞窟にあることが判明し、宇宙船のAI「S.A.I.L」のから洞窟へ。

このパターンは、なにやらボスの匂いがします。ボスに備えて回復薬を補充して洞窟へ向かいます。

洞窟の最奥ではボス・イクソドゥームが登場。フローランの協力者の支援があるので、特に苦戦することなく攻略できました。

Hylotlの遺物をさがせ

おためし奈落ダイバー

ふたつめのアーティファクトの手がかりはHylotl(ハイロトル)種族にあり。

Hylotl(ハイロトル)の遺物は海洋惑星で存在が期待できます。

海洋惑星に旅立つ前に気になることがありました。

惑星マップの一番下まで掘り進むと、一体どうなるのか。

生物が存在する惑星の地底にはマグマがあります。ここに飛び込むと底なしのマグマに飲まれてしまいます。

では、月などの生物が存在しない惑星はどうでしょうか。

一番下まで掘り進んでみると、画面スクロールが効かなくなる地点に着きます。明らかにマップの一番下まで来たのだと分かります。

掘ったブロックは一番下に溜まっていて、一番下のラインに地面があるように見えますが、実際には地面は無く、飛び込むと奈落に落ちます。

奈落に落ちると、特殊なエフェクトがあるわけでもなく、ただ黒い画面を数秒眺めることになります。

何も無いのが逆に怖い演出です。

アイテムも完全にロストしてしまうので、良い子は真似してはいけません。黒い画面で夜トイレに行けなくなります。

ここをキャンプ地とする

(星系座標 – x154919068:y566022289 / 星系名【Trianguli Nexus】さんかく座星雲 )の6番惑星。

この惑星は危険度「Risky」を示しています。7段階のうち3番目の危険度です。いままでよりもチョッと危険でピリ辛な惑星のようです。

降下ポイントは小さな島でした。四方海にかこまれた絶海の孤島です。

Riskyな惑星ですから、探索前に拠点を設営したいと思います。

奈落で建材をロストしてしまったので、島に生えているヤシの木を切って木材を確保。

ウッディな拠点を設営。

下手にハイテクな建材が残っているより迷い無く、木材を基調とした建物に統一できました。

住人を呼び込むことができる入植許可証を一枚所持していたので、おためしで使用してみました。

住居(床・壁・ドア・光源が条件)をつくり、壁に許可証を貼り付けると住人がやってきます。

やってくる住人の種類は家の家具に応じて変化します。

今回のウッディな住居では商人がやってきました。売却するのに前哨基地に戻らなくてよいので便利です。

この拠点を足がかりにメインクエスト・Hylotl(ハイロトル)の遺物さがしに出かけたいと思います。

(つづく)

おまけ・今日の建築

雪ブロックを煙突のけむりに見立てています。

木材づくしのウッディライフ。

スポンサーリンク
Return Top