一部のページをこちらに移しています 

Fallout 4 プレイ日記(7)機械翻訳のカオスな日本語の魅力&デスクロー

Fallout 4

Steamストア (Fallout4)

オープンワールドRPG「Fallout 4」プレイ日記7回目。攻略ヒントやFallout4特有のネタシーンを織り交ぜながらプレイの様子を振り返ります。プレイ済みの方もサクッと思い出に浸っていきませんか?

総プレイは40時間経過しレベル21。今回から有志ユーザー作である「UI日本語化v04」と「機械翻訳(全日本語化)+v0.6.2」を使用。公式日本語環境の公開までこちらを使用してプレイしていきます。カオスな日本語が楽しいです。

※ 動画が再生されない場合は『ページ更新』『二回押す』などをお試しください。

スポンサーリンク

ショートカット

関連 カテゴリ:Fallout4記事リスト

関連 目的別索引

関連 攻略ヒントまとめ

Fallout 4 プレイ日記(8&9)ストロングさんとウィッチミュージアムのデスクロー
Steamストア (Fallout4) オープンワールドRPG「Fallout 4」プレイ日記8&9回目。攻略ヒントやFallout4特有のネタシーンを織り交ぜながらプレイの様子を振り返ります...

プレイ日記7

点滅するドット絵の試作

補給ラインを繋げ、ジャンク探し要員が存在している拠点を8つほど用意したところ、ちょっとずつ『銅』が増えていることを確認。今後もっと実働拠点を増やして不労収益をあげよう!

寝ながら稼いだ銅を使ってドット絵を拡張してみます。

ジェネレーター → ターミナル → 定期カチカチなスイッチ → ライトボックス

ターミナルひとつでターミナルの下流にぶらさがっているパーツを複数制御可能です。スイッチする間隔だとかライトボックスの色指定などを設定できます。

マインクラフトで言う感圧板や各種トラップや音ブロック、レッドストーン回路用のパーツに該当するものがFO4にも存在。作り手しだいでマインクラフト級の自由な楽しみ方が出来そうですね。

探索:カオスな機械翻訳とともに旅を楽しもう

あたらしく導入した機械翻訳の日本語を楽しみながら探索してみます。改めて細かい所を観察していくと面白オブジェクトがあったりして、ただ探索に歩き回ってるだけでも楽しいのがFallout4の魅力ですね。

↑ この消火器ロケットは、攻撃用というより何かの合図につかっていたのかな?

探索の途中にスーパーミュータントとも戦ってみました。動画では見難いですが、機械翻訳の日本語が良い具合にカオスで、飽きずに旅が楽しめます。クリティカルを「クリ」と訳していて、なんともいえない味わいがありますよね。

やれやれ。いいえ。 ↓

容赦ない器械翻訳なので、たまに言葉にするのに躊躇してしまうワードもでてきます。サンクチュアリ防衛戦の様子 ↓

深くは触れませんが、うちのブログはとっても真面目なブログなので、ちょっと文字にはできません。ある意味ではこういう危さも機械翻訳版の魅力かもしれません。

デスクロー攻略:パイプ法

今回の旅で印象深かった場所、ボストン市長がうんぬんっていうアレを探索しました。

その深部でデスクローと遭遇。素早くて攻撃力が高く、3発も殴られたらチーンしちゃう高火力です。

パイプの中にはデスクローが入ってこないので、こういう感じでパイプを利用して戦うこともできます。

動画を見るとわかりますが、倒したデスクローの身体がどっかに消えてしまって戦利品をとることができませんでした。消えたデスクローの謎。

その帰り道、出口をふさぐ『Synth strider』と戦闘。このシンス(人造人間)という種族は今作のキー的な存在です。↓

古典的な不意打ちで、頭がっつーんいってます。 ↓

おまけ動画

砲撃手のようす。やっぱりこのシュッポーンという音がいいんですよね。

NGシーン ↓

砲撃が拠点に近すぎて拠点に影響が及んだため、住民からお叱りを受けてます。これ撃った砲撃手じゃなくて、指示を出した主人公の罪になるんですね。ごふっ。

Fallout 4 プレイ日記(8&9)ストロングさんとウィッチミュージアムのデスクロー
Steamストア (Fallout4) オープンワールドRPG「Fallout 4」プレイ日記8&9回目。攻略ヒントやFallout4特有のネタシーンを織り交ぜながらプレイの様子を振り返ります...
umech*

地図をおかずに御飯3杯いけちゃうマップ星人です。