Factorio(ファクトリオ)プレイ日記 3 / パワーアーマーMK2~宇宙時代~そして伝説へ

Factorio

Steamストア (Factorio)

Factorio公式サイト

Factorio(ファクトリオ)プレイ日記三回目。人工衛星をつくるまでのプレイの様子をつづります。

どんなゲームであるか知りたい場合はこちら(感想とレビュー)をご覧ください。

※ ゲーム以外の外部設定は全てフィクションです。

※ 動画が再生されない場合はページ更新・二回押すなどの方法をおためしください。

人工衛星ロケット

前回、ロケットサイロを設置して人工衛星の開発ができるようになりました。

「研究所」の主な研究も終わり、そちらに割いていた資源を「ロケット開発」に回すことにしました。

ロケット開発に必要な資源は「鉄」「銅」「原油」「石炭」「水」

それらを中間素材に加工しながら最終的に「断熱材」「ロケット燃料」「ロケット制御ユニット」をつくり「ロケット部品」を組み立てていきます。

0%からスタートして100%に計百回「ロケット部品」を組み立てれば打ち上げロケットの完成です。これは資源を確保しても開発になかなか時間がかかりそうです。

ロケット開発を進めながら次の資源鉱脈の確保に向かいます。

パワーアーマーMK2

さらに「パワーアーマーMK2」の生産に必要な分の「エイリアンアーティファクト」を獲得します。

「戦車」や「パワーアーマー(下位)」での戦法として、前回おまけ動画のようなヒット&アウェイ戦法をとるのが有効な手でした。

大きな巣に挑んでも消耗が激しいうえに結局制圧できないという泥沼状態に陥りやすいので、巣の数が1つや2つの小さな集落を狙っていきました。

巣を急襲したあとの敵集団の処理にはタレットを利用します。ギリギリの距離あるいはちょっと離れた場所に小さな砦を用意しておくと安全に処理できます。

「パワーアーマーMK2」を実戦投入。

「パワーアーマーMK2」だけではまだ足りません。たくさんモジュールを積めるのがMK2の大きな利点です。つぎはがっつりモジュールを積んでみます。

やっぱり積めば積んだだけ硬くなりました。

いろいろ組み合わせがあると思いますが、今回ためしに積んでみたのは「携帯核融合炉×2」「エネルギーシールドモージュールMK2×12」「バッテリーモジュールMK2×3」「レーザー防御モジュール」「暗視ゴーグル」

さらに攻撃面を充実させれば生身でグイグイ巣を狩れそうです。

宇宙時代・打ち上げ成功

そんなこんなで打上げロケットが完成しました。

最後の仕上げに「衛星」を載せて打ち上げれば目的達成となります。

「衛星」は材料さえあればサイロなしで生産できるのであらかじめ作って用意してありました。

これを載せて発射指示を送れば打上げがはじまります。

みごと衛星の打上げに成功しました。

これで主人公は本国と連絡がついて脱出の糸口がみつかることでしょう。

後日談・そして伝説へ

目的であった「人工衛星」打上げ(バージョン0.12.26・アルファ版時点)を達成すると画面左上に出てくるスコアの表示。

一回打ち上げるごとに1ポイント上がるようです。これを稼いでいくことがクリア後のやり込み要素のひとつになっています。

もちろんこれを無視して自由なプレイ続行が可能です。

タイトル画面に戻って「プレイ」→「リプレイ」モードを選択すると、選んだセーブデータのプレイを動画で振り返ることが出来ます。

一時停止や最大64倍速で早送り巻き戻しが可能です。別途録画ソフトを用意しなくてもゲーム内だけでリプレイ動画が見られる機能です。

プレイ動画を撮られる方にとってはディスク容量の節約にもなると思いますし、これはうれしい機能だと感じました。

主人公Aはこのリプレイ機能でレポート動画を本国に送り、その功績が認められて、後日この星の総督となったそうです。

(新シリーズ)

梅永とうふ店

■umech*:admin
こんにちは、梅永とうふ店です。地図だけでご飯3杯いけちゃうマップ星人です。umech*ではメジャーどころ3割インディーズ系7割の分量で、濃いめのゲームの魅力についてお伝えしています。古典ぱん