umech*

Factorio(ファクトリオ)感想とレビュー/工場シム・物流RTS

Factorio(ファクトリオ)感想とレビュー/工場シム・物流RTS

Steamストア (Factorio)

Factorio公式サイト

Factorio(ファクトリオ)は資源を集めて工業化や自動化を楽しむアクション・RTS・箱庭・サンドボックスの要素を含んだゲームです。海外のゲームですが標準で日本語対応しています。

公式サイト及びSteam(早期アクセス)から入手可能です。公式サイトからは体験版もダウンロードできます。

※ 動画が再生されない場合はページ更新・二回押すなどの方法をおためしください。

スポンサーリンク

どのようなゲームか・プレイのながれ

何もない土地に放り出された主人公は資源を集めて基地や工場を設営していきます。外敵と戦い研究も進めながら工場をおおきくしていくプレイの流れです。

どんなデザインの基地や工場にしていくか、その順序や方法などはプレイヤーが自由に決めてプレイできます。

効率的に作っていくこともできますし、行き当たりばったりでもプレイ可能なゲームバランスです。

出来ることを増やすために「研究」が必要なのですが、研究を効率よく進めるために多くの「資源」と「工場」が必要。一部を除き資源は掘り尽くすと消えてしまいますから、発展にともない新たな資源鉱脈を求めて遠方へ出かける必要が出てきます。

遠方では先住エイリアンとの衝突は免れません。資源を求めるために戦闘もこなしていきます。

ゲームのひとまずの目標である「人工衛星」打ち上げ後もプレイを続けられます。

チュートリアルも用意されているので、何の予備知識もない状態からはじめてもプレイできます。マップの初期設定から戦闘難易度(ピースフルモードなど)を下げることが出来ますので、シミュレーション要素に集中してプレイすることも可能です。

お楽しみ要素

5つのお楽しみ要素
  • ランダム生成のマップ(各種パラメーターの自由設定)
  • 箱庭・サンドボックス
  • 経営シミュレーション・RTS(リアルタイムシミュレーション・ストラテジー)
  • 生産ライン・回路・物流フロー・システム構築
  • 鉄道貨物ネットワーク

ゲームシステム的にはこのようなお楽しみキーワードが挙げられます。

ランダム生成のマップ・箱庭・サンドボックス

地形や資源の位置などはプレイ開始のたびにランダム生成されます。シード値・MAPコードと呼ばれるマップのキーコードを入力して記憶しておけば、別のプレイでマップ構造を再現したり他人と共有できます。

基地や工場や道路などをプレイヤーの自由に配置できることから、箱庭・サンドボックスの楽しみもあります。

経営シミュレーション・RTS(リアルタイムシミュレーション・ストラテジー)

やれることを増やすためには研究を進めていきます。

研究を進めていくために基地と工場を大きくしていきます。

基地と工場の規模が巨大化していくほど多くの資源を消費します。

資源は枯れるので、どんどん新たな資源鉱脈を確保していかないと工場が止まってしまいます。

資源や電力の需要・供給バランスを考えながらプレイしていく必要があることから、経営シミュレーションやRTSの楽しみもあります。

生産ライン・回路・物流フロー・システム構築・鉄道貨物ネットワーク

Factorio(ファクトリオ)は、なにをするにもまず資源が必要です。

あつめた資源を加工して生産や研究を進めていきます。

手作業でも加工できますが小規模のことしか出来ません。それ以上のことは工場を作って作業を自動化していきます。

工場を大きくするためには資源を集める方法「物流システム」と自動化を進める工場の「生産システム」を考えながらプレイしていきます。

具体的にはどこに何を「運ぶ」かを考えるシンプルなゲームシステムです。

その方法は何パターンもあるのでシンプルでありながら奥深いです。そこに回路・システム構築の楽しさがあります。

感想・おまけ動画

戦闘要素もありますが、物流と生産システムをつくりあげていくシミュレーション要素が強いゲームに感じました。

上記要素のほかにも効率の良いシステムを作ろうとした場合、ベストな組み合わせを考えていくパズルゲームの要素も出てきます。

シミュレーションゲームと、ちょいパズル好きな方におすすめです。

そもそもの内容の楽しさに加えて、区切りがつけにくいゲームですので、やり始めるとヤメ時がみつからずドンドン時間を消費する中毒性の高いゲームです。ご利用は計画的に!

//game.umech.net/?p=3449

関連

サイトFactorio@JP Wiki – 情報・データリスト・Tips

スポンサーリンク
Return Top